社員教育はなぜ大切なのか

社員教育をすべき3つの理由

新入社員研修や定期的な社員研修など、どんな会社でもある程度の社員教育は行われるものです。しかしなぜ社員教育を行わなければならないのでしょうか。時間はかかるし経費も飛んでいくし、教育内容を考えるのも面倒と感じてしまいがちですが、社員教育の背景にはどのような動機があるのでしょうか。
社員教育を行う理由としては主に3つが考えられます。1つ目は仕事の基礎力を身に付けることです。ビジネスマナーなど基本が出来ていなければ仕事になりません。2つ目は企業文化の浸透です。仕事は一人で行うのではなく、会社全体で行うものです。そのため企業の文化を身に付けることで仕事の効率が高まる傾向があります。最後の3つ目は親睦です。こちらも結束力を高めるために行います。

やっぱり社員教育は大切!

社員教育を企画する側としては、こんなことをして意味があるのか、と感じてしまいそうです。しかしやはり社員教育にはそれなりの理由があり、時間や経費は投資と考えた方が良いでしょう。あまり気を抜かずに行いたいところです。
もしどうしても社員教育に割く時間がない、という場合は外注するのもアリです。最近では社員教育を外注する企業も多く、そのニーズに応えるために様々なサービスが展開されています。単にビジネスマナーを教えるようなものだけでなく、それぞれの企業文化などを考慮した上で教育内容を構成してくれるサービスもあり利便性が高まっています。
社員教育の目的が単に能力の向上だけでないことを考えると、出来る限り自社内で行いたいところですが、外注でも質の高い教育は期待できそうです。

© Copyright Periodic Training. All Rights Reserved.