若手に必須な社員教育

基本的なマナーはできているか

通常会社に入社する為には、正しい敬語の使い方はもちろん部屋への入り方などをマスターしないといけません。しかし、入社してしばらくすると社内の人と仲良くなるので礼儀の部分を忘れがちになります。最悪、社内だけの問題で済めば良いですが社会人たるもの社外の人ともコミュニケーションしなければいけません。その時に、敬語が間違っていたり上座や下座などの知識が欠けているととても失礼です。
失礼な態度を見せることで、当然相手は怒りますし基本的なことができていない会社だと思われます。すると、大事な契約を結べなかったり会社規模での付き合いが終わってしまうなどのデメリットがあります。基本はできているだろうと慢心することなく、もう一度叩きこんでおくと安心です。

どのような目標を定めるか

若手の社員教育でもう一つ忘れてはならないのが、目標設定です。目標というのはマラソンにおけるゴールのようなもので、ゴールが見つからないと走る意味が分からなくなってきます。仕事でも、目標が見つからないとお金を得る為だけになってしまい仕事の楽しさや情熱が消えてしまう可能性があります。
もちろんお金を稼ぐことに闘志を燃やして頑張るのも良いですが、お金を稼ぐことは他の会社でもできることなので、今の働いている会社でしかできない目標を設定しないと将来的な人材流出に繋がってしまうかもしれません。せっかく教育しても辞めてしまっては会社にとって意味が無いので、会社の魅力も伝えていかないといけません。一口に社員教育と言っても伝えることは様々です。

© Copyright Periodic Training. All Rights Reserved.